モチベーション 心理学

楽しさとやる気を上げる!
心理学的に充実した日々を過ごす方法について解説。

こんな人にオススメ

この記事は『毎日を楽しく過ごしたい』『モチベーションを上げたい』人にオススメです。

やる気と楽しさを上げる方法。

人生を楽しくする。

『最近つまらない』『何だかやる気がでない』なんて悩みはありませんか?

毎日を楽しく過ごし、やる気に満ち溢れた生活を送るのは中々難しいもの。
どうしてもやる気が出なかったり、調子が出ない日はあるでしょう。

そんな人でも、科学的にモチベーションを高める方法を知っていれば、充実した一日を過ごすことは可能です。

その方法とは『少し難しいことにチャレンジ』すること。
TVゲームを使った実験によると、大差で勝つときよりも、僅差で勝つ方が楽しさとモチベーションが上がる傾向があるようです。

イスタンブールのセヒール大学サミ・アブハムデ氏によるこんな実験があります。

圧勝するより、接戦のほうが楽しい!?

楽しさとやる気がUP。

実験では大学生72名を対象に、TVゲームのチャンバラで勝負をしてもらいました。

この際ゲームのレベルは研究者が調整し、僅差で勝ったり圧勝して勝った場合等の、被験者の感情を測定しました。

その結果、大差で勝っている時に比べ、僅差で勝ったときのほうが『楽しさ』の点数が上がる傾向があるとわかりました。
また被験者に『大差で勝ったときと僅差で勝ったとき、どちらをもう一回プレイしたいか?』と尋ねたところ、69%の人が『僅差で勝つ』ほうを選びました。

つまり、簡単なことをよりも少し難しいことのほうが、楽しさとモチベーションが上がるということです。
逆に言うと簡単すぎる勝負は、モチベーションが下がってしまうということでもありますね。

チャレンジがあるからこそ、人生は楽しい。

ちょっとしたことでOK。

『最近何だか楽しくない』『ここの所モチベーションが上がらない』なんて悩みがある人は、少し難しいことにチャレンジするのがオススメ。

例えば普段より凝った料理に挑戦してみたり、ウォーキングの距離を長くする等、何でもよいと思われます。
仕事の場合、普段1時間で終らせている作業を50分でやってみたりするのも効果的。

慣れている作業はどうしてもマンネリ化するため、最初と同じようなモチベーションは保てません。
その為少し難しかったり、ハラハラ感を覚えるような刺激があると、普段の生活の中でも達成感を覚えることができます。

先程の実験のように、TVゲームをやってみるのもいいかもしれません。
クリアできなかったステージを達成したり、倒せなかった敵を倒せるようになるだけでも、楽しい想いは出来るでしょう。

簡単すぎる事よりかは、難しかったり接戦になる勝負のほうが楽しいもの。
モチベーションや楽しさで悩んでいる人は、ぜひお試しください。

記事のまとめ

①大差で勝つより接戦で勝つ方が、楽しさやモチベーションは上がる。
②少し難しいことにチャレンジすれば、日々の生活が楽しくなる。

-モチベーション, 心理学
-

© 2021 心理学まとめブログ Powered by AFFINGER5