心理学

衝動買い対策に効果的!
自己コントロールが出来る心理学をご紹介。

こんな人にオススメ

この記事は『衝動買いをなくしたい』『自己コントロール能力を身に着けたい』人にオススメです。

衝動的な行動なくす科学的な方法。

誰も一度はある後悔。

買い物を始め、私たちは衝動的な行動をしてしまいます。
節約したいと思っているのに予定外の物を買ったり、痩せたいと思っているのに間食をしてしまったりと、自制心を発揮でない場面は珍しくありません。

大抵、そのような行動の後には後悔が付きまとい、自己嫌悪に繋がることが多いでしょう。
自分を制御することは、中々に難しいことだと言えますね。

そこで、科学的に衝動的な行動が減る方法をご紹介します。
それは『予定を紙に書く』こと。
買い物リストを作成するだけで衝動買いが減り、自己コントロール能力が上昇したという報告があるのです。

ヴァージニア大学のティム・ウィルソン氏とハーバード大学のダン・ギルバート氏によるこんな実験があります。

紙に書けば、余計な買い物はなくなる。

節約になってオススメ。

この実験ではスーパーに来たお客さんに『今空腹ですか?』と聞いた後、何を買うかの予定を聞きました。
そして空腹かどうかで、客をグループ分けします。

Aグループ…今空腹と答えた客。
Bグループ…空腹ではないと答えた客。

その結果、A『空腹』だと答えた客のほうが、お菓子やアイスといった、予定にない買い物をする傾向があることが分かりました。
空腹時は自己コントロール能力が落ちると言われるため、衝動的な買い物が増えたのだと推測出来ます。

しかし興味深いのは、次に行った実験です。
今回も同じように空腹かどうか客に尋ねたのですが、今度は『何を買うか?』を紙に書いて貰いました。

要するに、買い物リストを作成してもらったのです。
その後は前回と同じように買い物をしてもらったのですが、A、Bグループ共に予定にない買い物は殆どなくなる傾向があるとわかりました。

つまり紙に予定を書くだけで自制心を取り戻し、衝動的な行動は減らせることが出来るのです。

紙に書けば、余計な行動はなくなる。

アウトプットは行動を制する。

先程の実験では、買い物リストを作成した人は衝動的な行動を減らすことが出来ました。
これは紙に書くという行為で、するべき行動が具体的になったためと推測出来ます。

つまり、私たちも目的がある時は紙に書くだけで良いのです。
買い物やダイエットなど、我慢が必要な目的はついつい誘惑に負けてしまいがちです。
そんなときでも紙に書けば行動が明確になり、横道に逸れた行動は減るでしょう。

人間は頭の中で考えているだけだと、意外とその通りに行動できません。
例えば夢があり『○○がやりたい』と考えていても、即座に行動できる人はそこまで多くありません。
それだったら紙にやりたいことを書いたり、決意表明をしたほうが、遥かに行動力が上がることは容易に想像できるでしょう。

紙に書くというのは実に簡単で誰にでも出来ます。
たったこれだけのことで自己コントロール能力は上がるので、ぜひお試しください。

記事のまとめ

①紙に予定を書くと、その通りに行動できる傾向がある。
②予定や目標を書くと、自制心を取り戻し自己コントロール能力が上がる。

-心理学
-, ,

© 2021 心理学まとめブログ Powered by AFFINGER5