コミュニケーション 心理学

人にお願いするとき効果的な言葉
『YES』を言わせる確率が2倍もUPさせる方法を解説。

こんな人にオススメ

この記事は『お願いをきいて欲しい』『交渉上手になりたい』人にオススメです。

交渉が上手くいく魔法の言葉。

これを言えばスムーズに。

皆さん、『ありがとう』という言葉をちゃんと言っていますか?
恐らく大抵の人は人から何かされたらこれを言いますし、あえて言わない人は殆どいないでしょう。

しかし、それでも今まで以上に意識し、言う頻度を上げた方が良いかもしれません。
何故なら『ありがとう』という五文字を言うだけで、科学的に交渉や頼みごとが上手くいくからです。
その差は、なんと2倍以上の効果とも言われています。

ペンシルベニア大学のアダム・グラント氏によるこんな実験があります。

お礼を言うと結果が倍違う。

感謝の力。

まずグラント氏は『文章力の研究』という偽のテーマでネット上から参加者を集めました。

その際、被験者の半分には『ありがとう』というお礼のメールを送り、残りの半分にはお礼のメールは送りませんでした。
そして偽の実験が終了し、時間が経った後『また別の実験に参加してほしい』というお願いのメールを被験者に送ります。

その結果、前回お礼のメールを貰わなかった人は32%しか実験に参加しなかったのに対し、お礼のメールを貰えたグループは66%の人が実験参加に快諾してくれました。

その差はなんと2倍以上。

このように人間は『ありがという』という言葉を貰えるだけで、相手の要求を快諾してくれるのです。
こんな簡単なことで頼みごとを聞いて貰えるなら、ありがとうはどんどん言った方が得をするということですね。

お礼は意外と、言っていない!?

関係性によっては、雑になる。

感謝は言うだけタダですし、言って損することはありません。
言えば得することは、なんとなく知っている人も多いはずです。

しかし実は意外と、相手との関係性によっては感謝の言葉を言わないことがあるのです。
これは誰もが陥りがちなことなので、注意が必要です。

例えば上司の立場だと部下が気を使っても当たり前、夫婦だとパートナーが家事をやっても当たり前などと考える人もいるでしょう。
しかし、感謝することに相手との関係性は関係ありません。
上下関係や利害関係があるからといって、お礼の言葉を言わないようでは信頼関係構築は難しいでしょう。
やがて関係は破綻するか、お互い心を許さない殺伐とした関係になってしまいます。

気持ちよく笑顔で『ありがとう』と言われれば、人間多少のことは許せますし、相手にまた何かしたくなるもの。
お礼を言うことを意識し、信頼関係構築に役立てば幸いです。

記事のまとめ

①お礼を言うとお願いをきいてくれる確率が2倍以上上がる。
②どんな相手にも、感謝は忘れない。

-コミュニケーション, 心理学
-,

© 2021 心理学まとめブログ Powered by AFFINGER5