コミュニケーション 人間関係 心理学

口下手でも出来る!
~会話で好かれるたった一つのポイントについて~

こんな人にオススメ

この記事は『好感度を上げたい』『会話を盛り上げたい』人にオススメです。

会話が苦手な人でも出来る、好感度を上げる方法。

これを意識するだけで違う。

会話が盛り上がらずなんだか面白くない時間が流れた、相手の反応が悪かった…なんて経験はありませんか?

その原因はもしかしたら相槌の仕方が悪かったのかもしれません。

『相槌くらいちゃんとやっているよ』と思うかもしれませんが、意外と疎かに適当にしている人は珍しくありません。
例えば自分が積極的に話しているのに、友人や家族から『はあ』『ふーん』などど気のない返事が返ってきた経験は多くの人があるはずです。

会話を盛り上げたいなら、話の内容よりも相槌が時に重要になります。
これを積極的にするだけで好感度が上がるという実験結果もあるくらいです。

アメリカ、ノースキャロライナ大学のチェスター・インスコ氏によるこんな実験があります。

聞き上手は人に好かれる。

自分の話は聞いてもらいたいもの。

まずインスコ氏が学生名簿から無作為に175名を選び、実験に参加してもらいます。
実験は二人一組で行われ、有料テレビに関する話し合いをしてもらいました。

しかしこの時実は、相手の学生はサクラで、サクラには以下のような指示を出していました。

①サクラが「ふうん」等、そっけない相槌を打ちながら話を聞いたパターン。
②サクラが「いいね」等、好意的な相槌を打ちながら話を聞いたパターン。

その結果、②好意的な相槌を打った方がサクラに対する好感度が増すことがわかりました。
なんだか当たり前の話ですね。

しかしそれだけ、人間がする共感的な振る舞いは大切だと言うことです。
相槌を少し積極的にするだけで好意が増すなら、非常に簡単でお手軽なテクニックだと言えます。

相槌の仕方で会話をコントロールする。

実は主導権を握りやすい。

先程の実験のように好感度を上げ会話を盛り上げたいときは、相槌を積極的にするのが手です。

人は盛り上げたいとき面白い話をしよう、楽しい話題を振ろうと考えてしまいがちですが、それはハードルが高いのも事実。
だったら面白い話をしようと考えずに、相手の話を聞く姿勢を積極的にやるのが簡単でベターな方法になります

逆に言うと話を終わらせたいときは気のない返事をするのも手です。
忙しくて話を切り上げたいのに積極的な相槌をすると話が長引き、損をするかもしれません。

会話は話している人が主導権を握っているように見えますが、実際は聞き手がその場をコントロールしていることは珍しくありません。
多くの人は無意識的に聞き手の反応を伺っているものですから、話しの聞き方次第で相手をある程度操ることは可能なのです。

相槌の仕方を意識し、ぜひコミュニケーションにご活用ください。

記事のまとめ

①相槌を積極的にすると好感度が増す。
②会話を盛り上げない時は内容よりも、共感的な行動を意識する。

-コミュニケーション, 人間関係, 心理学
-, ,

© 2021 心理学まとめブログ Powered by AFFINGER5