ストレス対策 ポジティブ メンタル改善 心理学

他人の幸せを願うと自分が幸せになる!?
幸福感を上げる心理学的な方法について解説

こんな人にオススメ。

この記事は『幸福度を上げたい』『不安感をなくしたい』人にオススメです。

幸福感を上げる科学的な方法。

幸福は自分に返ってくる。

他人の幸せは、自分の幸せ

心理学的に、自分の幸福度を上げる方法は様々あります。
その方法の一つとして人の幸せを願うと、自分も幸せになるのはご存じでしょうか?

こう言われるとどこか綺麗ごとのような印象を受けますが、実は科学的な根拠があることなのです。
人は見知らぬ相手の幸福を願うと不安感などが減少し、思い遣りや共感性が増す傾向にあるのです。

アイオワ州立大学が行ったこんな実験があります。

他人を思いやると、不安感が減る。

見知らぬ人相手でも効果あり。

この実験は大学生496人を対象に行われました。
まず被験者を4つのグループにわけ、12分間指示された考え事をしながら大学内を歩いてもらいます。

考える内容は以下の通りです。

①すれちがった相手が『幸せになりますように』と思考するグループ。
②すれちがった相手との『共通点や関係性』を思考するグループ
③すれちがった相手より『自分が優れている』と思考するグループ。
④すれちがった相手の『服装や持ち物』について思考するグループ。

そして12分間の散歩を終えた後、不安や幸福、ストレス等の項目が実験前に比べて変化があるか確かめました。

その結果①『幸せになりますように』と考えたグループは不安感が減少し、共感性や他者を思いやる気持ちが増加することが判明しました。
また②『共通点を探す』グループも、他人への思いやりの気持ちが増すことも確認されました。

つまり人の幸福を願うだけで人は自分の幸福度が上がり、思い遣りの気持ちが増すという結果が出たのです。

それに対し③『自分が優れている』と考えたグループは、感情の改善の効果が非常に低いことが判明。
人を見下すような自己中心的な考えを持っていると、不安感を消し去りにくいということですね。

思いやるのに、性格は関係ない。

実験結果から、他者の幸福を願うことは、自分を幸福にする効果があるとわかりました。

しかしそうはいっても、誰かの幸福を願うことに苦手意識を持っている人は少なからずいるでしょう。
例えば『自分ってあんまり人に関心がないからな』『人を思いやるのって苦手かも』等と、自分には合わないと判断してしまうかもしれません。。

しかし先程の実験では、個人が持つ性格は実験結果に影響を及ぼさなかったと研究チームは述べています。
例えばナルシストの傾向が強い人でも、他者を思いやれば精神状態に良い影響が出るという結果が報告されているのです。

つまり本人の性格に関係なく、誰にでも効果が出やすい方法だと言えるのです。

また先程の研究結果は日常生活の中で取り入れやすいということも注目すべき点でしょう。
例えば街中を歩いている時、スーパーに行ったとき、電車に乗った時等々、日常生活の中で短時間で実践することが可能です。

人の幸福を願えば、自分も幸福になるのは救いのある話ですね。
ぜひお試しください。

記事のまとめ

①人の幸福を願うと、自分も幸福になりやすい。
②逆に人を見下す考えは不安感が消し去りにくい。

-ストレス対策, ポジティブ, メンタル改善, 心理学
-

© 2021 心理学まとめブログ Powered by AFFINGER5