ストレス対策 メンタル改善 心理学

ニュースを見るとネガティブスパイラルにハマる!?
情報とメンタルケアについて解説

こんな人にオススメ

この記事は『ネガティブな気分を改善したい』『メンタルケアをしたい』人にオススメです。

ニュースと心の関係性。


昨今は暗いニュースが多く、あまり明るいニュースは報じられません。
そんな世の中だからこそ、メンタル的なケアは非常に重要。


その方法の一つとして、情報の取捨選択が大切になってきます。


特に、ニュースや情報番組をよく見る人は注意が必要。
何故なら不幸なニュースをよく見る人は、それだけで長期的なストレスに苦しむ可能性があるからです。

カリフォルニア大学、ロクサン・コーエン・シルバー氏が行ったこんな調査があります。

暗いニュースは見るクセがつく!?


研究チームはアメリカ人4165人を3年間に渡って追跡調査。


その結果分かったことは、不幸なニュースを多く見る人は、また別の不幸なニュースを見る時間が長くなることがわかりました。

さらにこのタイプの人は将来に不安感を抱きがちで、爆弾テロ事件のニュースを長く見ていた人は事件から半年経過したあとも、ストレスを感じていたこともわかりました。


つまり、ネガティブなニュースは繰り返し見てしまう作用があり、更に長期的なストレスにさらされてしまう可能性があるのです。
ニュースを見ることが習慣になっている人は、注意が必要ですね。

情報の選択でメンタルケアを。


世の中にネガティブで暗いニュースは多く、聞いているだけで気が滅入るような事件もあります。
そんな時は、あえて世の中の情報を取得しないというのも一つの手です。

例えばニュースを見る時間バラエティ番組を見たり、本を読んで感性を育む等出来ることは様々あります。
散歩をして汗をかいていたり、好きな音楽を聴いてリラックスをすることも出来るでしょう。



ニュースを見る時間を減らして、楽しいと思えることをすればメンタルケアになります。
勿論、ニュースを全く見ないというのも難しいでしょうから、少しメディアに触れる時間を減らすくらいの感覚で良いと思います。



人生を楽しく生きるには気分がとても大事になります。
ぜひ、自分の気分が良くなるよう情報の選択を取り入れてみてください。

記事のまとめ

①ネガティブなニュースをよく見る人は、繰り返し暗いニュースを見る傾向。
②このタイプの人は将来に不安を抱きがちで、長期的なストレスを受ける。

-ストレス対策, メンタル改善, 心理学
-

© 2021 心理学まとめブログ Powered by AFFINGER5