人間関係 心理学

周りからの評価はこれでわかる!
自分のイメージがわかるたった一つの質問について解説。

こんな人にオススメ

この記事は『自分の印象を知りたい』『人からの評価を知りたい』人にオススメです。

自分のイメージがわかる、一つの質問。


自分がどう思われているかわかる、簡単な質問はご存じでしょうか?



この質問をすれば相手から敬われているかナメられているかわかり、自分の印象を知ることが出来ます。
もし人間関係に悩んだ時、これを聞けば相手からどう思われているかわかるでしょう。




その質問とは、『身長』を聞くこと。
人は敬う相手の身長は大きく見え、逆に侮っている相手の身長は低く見える傾向があるのです。


オーストラリアのナショナル大学、ポール・ウィルソン氏が行ったこんな実験があります。

優秀な人は背が高く見える!?



この実験ではまず、講義のゲストとしてとある人物を学生に紹介します。
同じ人物ですが、クラスごとに紹介の仕方を変えて、以下のように紹介しました。


①彼は『教授』であると紹介したパターン。
②彼は『学生』であると紹介したパターン。



その後、学生たちに紹介した人物の身長がどれくらいか?ということを訪ねました。
結果、①『教授である』と紹介したパターンだと平均184センチだったのに対し、②『学生である』と紹介したパターンだと平均177センチという結果が出ました。



つまり権威があると感じると、人は身長も大きく見積もってしまうということです。
逆に言い換えると、見くびっている相手だと、身長を低く見積もってしまうということですね。

身長の予想で、評価がわかる。



先程の実験のように、自分の身長を相手に尋ねればどう思われているか予想が出来ます。


例えば身長175センチの人が173~174センチと言われてた場合は誤差の範囲内でしょう。
しかしそれ以上低く見積もられるなら、侮られていると考えていいかもしれません。
反対に実際より大きく見積もられた場合、あなたとの繋がりに上下関係を意識しているということでもあります。



上司や部下など、明確に上下関係がある場合は身長に大きな差があっても問題ないかもしれませんが、友達や恋人など、対等な関係で大きな差がある場合は注意が必要です



人間は強い相手は大きく見え、下に見ている相手は小さく見えます。
どう思われているか気になった人はぜひお試しください。

記事のまとめ

①権威ある人は背が大きく、侮っている人は小さく見える傾向がある。
②背の予想をしてもらうと、どう思われているかがわかる。

-人間関係, 心理学
-,

© 2021 心理学まとめブログ Powered by AFFINGER5