ストレス対策 パフォーマンス ポジティブ メンタル改善 心理学

ロボットの言葉でも前向きになれる!?
メンタルケアに効果的なA.Iの使い方について解説。



こんな人にオススメ

この記事は『メンタルケアしたい』『モチベーションを上げたい』人にオススメです。

人工知能で、メンタルケア!?



人から言われた言葉で励まされ、前向きになったという話は決して珍しくありません。
メンタルをケアするとき言葉は大事で、これによって心が良い方向にも悪い方向にも進みます。




そしてそれは『ロボット』に言われたとしても同じです。



私たちはロボットが相手でも褒められれば喜び、貶されれば苦痛を感じることが実験でわかりました。
言い換えると、人工知能を使えばメンタルケアが出来るということでもあります。




カーネギーメロン大学が行ったこんな実験があります。

ロボットの言葉でもメンタルダウン。



この実験では被験者40人にゲームを35回プレイしてもらい、その最中ロボットから言葉を投げかけられます。
投げかけられる言葉は以下の通りです。


①被験者に対して暴言を吐くパターン。
②被験者に対して賞賛の言葉を言うパターン。



このように誉め言葉か悪口かどちらかを言われるわけですが、言う相手はロボットです。
どのような言葉を言われても、感情がないのだから気にしなくて良いと考えることもできます。


しかし実験の結果、ロボットに賞賛された人はスコアが伸び、逆に批判された人はスコアを伸ばすことができませんでした。
つまりロボットだと理解していても、言葉によって人間の能力が変わってしまうことがわかったのです。


この実験では、暴言に耐え兼ね研究者チームに苦情を言う人も出たことから、いかにネガティブな言動が人の能力を下げることがわかります。

誰に言われても誉め言葉は嬉しい。



先程の実験の注目すべき点は、賞賛された人のスコアが伸びたことです。

勿論、賞賛された人もそれがただのロボットの言葉で、心が籠っていないということは理解しています。
しかしそれでも脳は嬉しさを感じ、能力にまで影響が出てしまうのです。




この実験結果を有効活用するなら、私たちもAIを使い自分を褒めることが効果的だということです。
理屈では気持ちがない言葉だと理解していても、脳に心理的なプラスの影響が出ることが期待されます。

Googleやアプリを活用する。



例えばGoogleのアシスタント機能を使えば、賞賛の言葉を言ってもらえますし、スマホのアプリでも似たような機能を持っているものもあります。
それを使えばセルフでメンタルケアをすることができ、励ましによってパフォーマンスを上げることが可能です。


私たちは自信が無くなった時、素直に『褒めてほしい』『慰めてほしい』とは言いづらいもの。



人付き合いが苦手な人だと、そのようなことを言ってくれる相手がいない場合もあるでしょう。
そんな時でも、人工知能を使って自分を励まし、モチベーションやパフォーマンスにプラスの作用をもたらすことができます。




本当に気分が滅入った時は人付き合いも億劫になりがちです。
そんな時、ぜひAIを使うことをお試しください。

記事のまとめ

①ロボットの言葉でもメンタルに影響が出る。
②アプリやアシスタント機能を使い、メンタルケアをする。

-ストレス対策, パフォーマンス, ポジティブ, メンタル改善, 心理学
-,

© 2021 心理学まとめブログ Powered by AFFINGER5