メンタル改善 心理学

中途半端な思い込みでもプラシーボ効果あり!?
思い込みでメンタルを良くする方法について解説。

こんな人にオススメ

この記事は『プラシーボ効果を活用したい』『生活の質を良くしたい』人にオススメです。

とても強いプラシーボ効果。


『プラシーボ効果』と呼ばれるものはご存じでしょうか?




これは偽物の薬を飲んでも、本人が本物だと思っていたら実際に薬と同じ効果がでる現象のことです。




思い込みの力が現実に作用する、人間の不思議な能力の一つだと言えます。
しかしこの効果、実は『本人が偽物だと知ったうえでも』効果があることはご存じでしょうか?




つまりその効果に対して半信半疑な状態でも、試してみれば思い込みで良い効果が出る可能性があるのです。




ミシガン大学、ダートマス大学らが行ったこんな実験があります。

偽物の薬だと知ったうえでも効果あり。



この実験では被験者を二つのグループに分け、同じ薬を投与します。



薬はただの『生理食塩水スプレー』なので、特別な効果はありません。
そしてグループ毎により、以下のような説明をしました。


①『ただの生理食塩水スプレー』としか説明しなかったグループ。
②『飲んでもらう薬は偽物』『プラシーボ効果が起きれば苦痛が軽減されるかもしれない』ということ説明したグループ。




その後否定的な感情を覚える画像を見てもらい、自己申告や脳波を調べ『どれだけ苦痛を感じたか?』などを調査しました。




そして実験の結果、②『偽物だと説明を受けた被験者』のほうが精神的苦痛が軽減されていることがわかりました。
つまりプラシーボ効果は偽物だと承知のうえでも、効果が出るという実験結果が出たのです。

半信半疑でも、やれば効果は期待できる。



メンタルの改善法として『瞑想をすると良い』『散歩すると良い』などが、効果的な方法として挙げられます。
これらの方法を知っても『本当に効果あるの?』『自分には意味ないんじゃない?』と否定的に考えてしまう人も多いでしょう。




しかし先程の実験では、偽物の薬だと知ったうえでも、精神的な負担が和らぐことが報告されました。
つまり半信半疑な状態でも、試してみれば効果が出ることは十分期待できるのです。


言い換えれば、色々悩むくらいなら『とりあえずやってみる』と考えることが大事になってきますね。


『とりあえずやってみる』ことの大事さ。



勿論怪しい商品を買ったり、科学的に根拠の無さすぎる方法に関しては吟味すべきです。
しかしある程度根拠のあることに関しては、気軽に試してみるくらいの気持ちでいいのかもしれません。


それで本当に効果が実感できれば、『プラシーボ効果』が強まり更に効果が上がることは期待できます。
仮に効果がなかったとしても、また違う方法を試してみれば良いだけです。




特に損をしないという意味でも『とりあえずやってみる』ことは有意義な挑戦だと言えるでしょう。
ぜひお試しください。

記事のまとめ

①プラシーボ効果は偽物の薬だと知っていても効果が出る。
②半信半疑でもやってみれば効果は期待できる。

-メンタル改善, 心理学
-

© 2021 心理学まとめブログ Powered by AFFINGER5