心理学

交渉を上手くする服装の心理テクニック
服装でお願いを聞いて貰える確率が倍近く変わる!?

こんな人におすすめ

この記事は『駆け引き上手になりたい』『交渉のテクニックを知りたい』人におすすめです。

人は見た目に影響されてしまう

服装と評価は関係がある

『人を見かけで判断してはいけない』

私たちは小さい頃より、そう教わってきました。
この主張は確かに正しく、人の全てを身なりで判断することは望ましくないでしょう。
しかし裏を返せば、人は見かけで判断してしまうから、このような主張があるのだともいえます。
特に人と交渉するとき、服装がやはり大事だと裏付ける実験が心理学にはあります。
アメリカウェバー州立大学のブラッド・ブッシュマンさんは、こんな実験を行いました。

人は権威を感じさせる服には弱くなる

消防士や警察官相手だと断りづらい?

彼らは150人の歩行者に声をかけ
「あそこにいる路上パーキングの人が、小銭を持っていなくて困っているみたいだ。よかったら1ダイム恵んであげないか?私も今小銭を持っていないんだよ。」
とお願いをしました。その際、服装を3種類用意し、服装によってお願いを聞いてくれる割合を調査したのです。
用意した3種類の服装は、以下の通りです。

  • ①みずぼらしい服
  • ②スーツ
  • ③消防士

その結果一番お願いを聞いてくれる服装は消防士の服装でした。
その次にスーツ姿、一番お願いを聞いてくれないのは、みずぼらしい服でした。
みずぼらしい服では44%の人がいう事を聞いてくれたの対して、消防士の服装は82%も聞いてくれたのです。
服装によってお願いを聞いてくれる差が倍近くなるというのも、驚きです。
人間は権威ある服装やしっかりとした身なりの人相手では、頼みごとを断るということが難しいのでしょう。

服装が接客態度に影響がでる実験結果も

お店に行くときスーツのほうが店員さんも接客してくれる

他にも服装に関して、ヒューストン大学のベッティ・ステッドさんがこんな調査もしました。

デパートの店舗にほぼ同時に入ってきたお客さんのうち

  • ①スーツ姿の人。
  • ②カジュアルの服装の人。

店員さんはこのどちらを先に接客するのか調べた調査です。
その結果約67%店員さんがスーツのお客さんを先に対応をしていることがわかったのです。
ラフな格好は、それだけ人から軽く見られてしまうという、なんとも世知辛い調査結果ですね。

人間中身も大事だが服装も大事

大事な場面ではビシッと着こなす。

しかしこれらの結果を好意的に捉えるならば、『人は身なりを気を付ければ、人から大切に扱われるし交渉も上手く行きやすい』ということでもあります。
昨今クールビズが進みノーネクタイで仕事をしている方も多いと思いますが、交渉や大事な場面ではクールビズでもネクタイを着用した方が物事がうまく運びやすいかもしれません。
また交渉とはビジネスの場だけではなく友人や家族など人間関係全てにおいてあることです。

あらゆる場面で使えるテクニックなので大事な話し合いをしたいとき、ぜひ服装に注意を向けてみてください。

-心理学
-, , ,

© 2021 心理学まとめブログ Powered by AFFINGER5