モチベーション 心理学

○○するだけで目標達成する確率があがる!?
モチベーションを上げる効果的な方法をご紹介

こんな人におすすめ

この記事は『目標達成したい。』『モチベーションを上げたい。』人にオススメです。

あの目標が、達成できない!

やる気が出なくて、悩んでしまう…。

『目標達成できない、途中で投げ出してしまう…。』

私たちは、何かを始めて頑張ろうとしても、挫折し諦めてしまう…なんて悩みはよくあること。
勉強や仕事でも、努力を続けることは難しく、せっかく掲げた目標を投げ出しぎみ。
そういった状態に陥ったらますますやる気は下がり、やがて自分を責めてしまう…。
出来ればそんなことは避けたいものですよね?

そんなとき、目標達成しやすくなるモチベーションの保ち方があります。
結論を言うと、目標に進んでいる実感を持つことです。これだけで、目標達成する可能性が上がるのです!
コロンビア大学で行われたこんな研究があります。

条件の出し方で、モチベーションに変化が!

最初にスタンプを押されているだけで、結果に差が出る。

研究チームはコーヒーショップに協力してもらいスタンプカードを使った実験をしてもらいました。
スタンプカードはコーヒーを一杯飲むとスタンプを一個押されるもので、そのカードを2種類用意します。

  • ①コーヒーを10杯飲むと一杯無料になるカード
  • ②コーヒーを12杯飲むと、一杯無料になるカード。ただしこちらは最初に二つスタンプを押されている。

②のほうの12杯飲まないといけないスタンプカードも、最初にスタンプが二つ押されているため結局飲む回数は①と同じ10杯です。
つまり①と②も条件は一緒。
それにも関わらず②の『12杯飲むと、一杯無料になるカード』のほうが目標をクリアできた人が多かったのです

前進している実感が、やる気を保たせる!

長い道のりを進むにはフィードバックが大切。

先ほどの実験からわかることは、人は目標に近づいている実感があると、モチベーションがあがり目標達成しやすくなりということです。
『①コーヒーを10杯飲む。』ほうのカードは、いわば白紙の状態。イチから頑張らないといけないという捉え方になります。
しかし『②コーヒーを12杯飲む。』ほうのカードは、最初からスタンプが押されているため目標に向かって進んでいる実感が持てます。

勿論①も②も飲むコーヒーの回数は変わりません。スタンプカードを埋める労力は一緒です。
しかし、それでも前に進んでいるという実感があれば、努力量が一緒でも目標達成しやすくなるということです。

私たちは目標に向けて努力をしていても、ついつい『まだこんなに残っている…。』と考えてしまいがちです。
それよりも目を向けなければいけないことは、前進しているという確かな手ごたえだということです。

ちょっとずつでも、確実に目標に近づく。

認識の仕方が大切。

仮に勉強のため本を読みたいけれど、中々やる気がでないという人がいるとします。
そんな人は、まずは目次だけでも目を通すことが大切です。
『○○ページもある。』と考えれば手が中々進まなくても、目次だけを読み『1ページ読んだ。前に進んでいる。』という認識を持つ方が本を読み進めやすくなります。

勿論、これは仕事でもダイエットでも使えるテクニックです。
途中で何かを投げ出したくなった時は、今まで積み重ねたものをフィードバックしましょう。
『ここまでやってやれた。』『このぐらい進めることができた。』
その確認作業だけで、私たちはモチベーションを保て、目標をクリアできる確率があがります。

記事のまとめ

①モチベーションを上げたいとき、今までやってきたことをフィードバックしよう。

②積み上げてきたことに目を向ければ、目標達成できる可能性があがる。

やる気を上げたいとき、ぜひお試しください。

-モチベーション, 心理学
-

© 2021 心理学まとめブログ Powered by AFFINGER5