ポジティブ モチベーション 心理学

科学的に運を引き寄せる方法が実はある!?
心理学的に運が良いと思えば得をする!幸運の正体と、運の上げ方をご紹介

こんな人におすすめ。

この記事は『運を良くしたい』『幸運を掴みたい』人にオススメです。

『運が良い人』には科学的な理由があった!?

科学的に、チャンスを掴む人の正体。

突然ですが、質問です。
『あなたは自分の運を良いと思いますか?悪いと思いますか?』

こう聞かれたとき、あなたはどう答えるでしょう?
もしあなたが、運が悪いと答えた場合、注意が必要かもしれません。
あなたはもしかしたら、知らず知らずのうちに損をして、チャンスを逃している可能性があります。
『運なんて所詮オカルトやスピリチュアルの話でしょ?』と思うかもしれませんが、違います。
科学的に運が良いと思える人のほうがチャンスを掴みやすく、得をするのです。

それを裏付ける、心理学者のリチャード・ワイズマンが行った、こんな実験があります。

運が良いと思うだけで、得をする!?

考え方次第でラッキーなことに、気が付きやすい。

実験ではまず、店の入り口に5ドル札をわざと置きます。
そして自分の運が良いと思っている人と、自分の運が悪いと思っている人を用意し、どちらが5ドル札に気が付きやすいのか?というのを見る実験です。
結論を言うと、『自分の運が良い』と思っている人ほど5ドル札に気がつく傾向があることがわかりました。
つまり運が良いと思うだけでチャンスに気が付き、逆に悪いと思っているほどチャンスに気が付きにくいという結果がでたのです。

幸運だと認識することは、それだけで得をするということですね。

勿論、自分の運を良いと思っても悪いと思っても、朝の星座占いの結果が変わるわけではありません。
宝くじが当たる確率も、ギャンブルで良い目が出る確率も一緒でしょう。

しかしチャンスが巡ってきたとき、それに気が付くかどうかは違ってきます。
街を歩いていも『自分は運が良い』と思っていれば、自然と幸運と巡り合うチャンスを探し、発見に出会えます。
先ほどの実験で、運が良いと思っている人ほど5ドル札に気が付けたのも、そのような理由もあったと推測できます。

人は見たいものを見ている?

あなたは、どんな写真が好きですか?

先ほど運が良いと思っている人は、幸運に気が付きやすいと説明しました。
人間は、考え方によって見ているものが違うという研究結果は他にもあります。

イギリス・オックスフォード大学の研究によると、楽観的か悲観的かで目を向ける対象が違うそうです。
実験では、被験者に良い光景と悪い光景の写真をランダムに見せます。(良い写真は子犬、赤ちゃん、青空など。悪い写真は死体、雨など…。)
そして注視対象を測定してところ、楽観的な人は楽しい写真にばかり目を向け、悲観的な人は悲観的な写真にばかり目を向けました。
つまり楽観的な人はポジティブなものに気が付きやすく、悲観的な人はネガティブなものに気が付くやすいということですね。
人間は性格や考え方によって、見ているものが違うのです。

このように幸運だと思っている人が幸運なことに気が付くのも、ある意味合理的だと言えます。

科学的に幸運をつかむ方法。

些細なことで運はあがる。

この記事では自分のことを幸運だと捉える人はチャンスを掴み、得をすると説明をしました。
しかし、『そう言われても自分は運が悪いし、悲観的だ!』と思う人もいると思います。
実際、人生には良くない出来事は発生しますし、それで不運だと思うことも致し方ないでしょう。
自分の運が悪いと思うことも、ある意味当然かもしれません。

そんな人に、朗報です。
科学的に、幸運を引き寄せる方法は実はあるのです。
幸運を掴んだ人の特徴を調べた、こんな研究があります。

イギリス・ハートフォードシャー大学は、会社が急成長した社員や結婚できた人など、幸運をつかんだ人の傾向を調べました。
その結果の中から幸運を掴んだ人の特徴を3つご紹介します。
これを真似すれば、あなたも幸運を掴めるかもしれません。
結論を先に言うと、3つの特徴は『①笑顔が多い。②アイコンタクトが多い。③身振り手振りが多い。』でした。

『え!?そんなことで運が掴めるの!?』と思う人もいるかもしれません。
しかしこの結果、実は非常に論理的な結果だと言えます。

人を引き寄せれば、運も引き寄せる。

笑顔はとても大切。

まず笑顔が多い人を嫌う人は、少ないでしょう。
多くの人にとって、自分に笑顔を向けられて不快にはなりません。
よく笑えば必然的に人が寄り、それだけチャンスは多くなります。
アイコンタクトもそうです。
笑顔で目を合わせれば、親近感が増します。これも、人を引き寄せる良い方法ですね。
また身振り手振りもこれが多ければ、話が伝わりやすいという研究結果もあります。
会話の時に身振り手振りが多ければ、感情と内容が伝わりやすく、仕事のプレゼンや会議の場で有利に働きます。
味方につける人が多ければ、助けて貰える機会が増え、出会いや人間関係を好意的に受け止めることができます。

このように自分を幸運だと思っている人は、他人を引き寄せるテクニックを身に着け、それが結果的にチャンスに繋がります。
幸運とは科学的に理由がある、実は理に適ったものだと言える一面を持っているのです。

人生でラッキーなことと巡り合いたいとき、まずは笑顔から意識してみてください。

記事のまとめ

①科学的な話として、幸運だと思えば、チャンスに巡り合える。

②幸運をつかむコツは、笑顔やアイコンタクト、身振り手振りを増やすこと。

幸運には科学的な理由があります。ぜひお試しください。

-ポジティブ, モチベーション, 心理学
-

© 2021 心理学まとめブログ Powered by AFFINGER5