パフォーマンス モチベーション 心理学

たった一言変えるだけで、やる気が湧いてくる!?
科学的に効果のあるやる気を上げる思考方法と、行動を変える方法について解説。

こんな人にオススメ

この記事は『やる気を出したい。』『パフォーマンスを上げたい。』『交渉のテクニックを知りたい。』人にオススメです。

やる気を出す、簡単な方法。

ちょっとしたことで、やる気はでる。

どんなにやる気を出した方が良い場面でも、人は中々行動に移せません。
家の掃除でも運動でも、面倒なことに腰が重くなってしまう経験は誰もがあります。
やる気に関する悩みは多くの人が持ち、恐らく記事を読んでいる方々も思い当たる節があるのではないでしょか?

そんなやる気ですが、科学的にちょっとしたことで、湧いてくるのはご存じでしょうか
結論を言うと『相手への影響』を考えると、人は行動が変わりパフォーマンスが上がります。

相手への影響力と行動に関してペンシルベニア大学で行われた、こんな実験があります。

自分の為より、相手の為になる方が効果的!

相手の為なら、人はやる。

実験では病院で手洗いを勧めるため、洗面所等で張り紙をしました。
その際、2パターンの張り紙を用意します。

  • ① 『手の清潔さは、あなたを病気から守ります。』と書いてある張り紙。
  • ② 『手の清潔さは、患者を病気から守ります。』と書いてある張り紙。

つまり①は自分への影響を説明し、②は他人への影響を説明しました。
実験の結果、①『手の清潔さはあなたを病気から守ります。』と書いてあった張り紙は手洗いの頻度も石鹸の使用量も変わりませんでした。

それに対し②『手の清潔さは、患者を病気から守ります。』と書いてあった張り紙は、手洗いの頻度が10%増え、石鹸の使用量は45%増えました。
つまり、相手への影響や貢献を説明すると、人は行動が変わるということです。

貢献意識は原動力になる。

相手の喜びが、報酬。

手を洗った方が良い理由は、誰でも知っていることです。
自分の健康を守れますし、感染症予防になることは言うまでもありません。

しかし、手を洗うことの影響を普段からちゃんと実感しているのかと問われると、そこまで意識を持っていない人が多いのではないでしょうか?
何故なら手洗いは原則自己責任で、人の自由です。
自分のことなら、適当でいいやと考えたり習慣で雑にやっている人も多いと思います。

しかし他人への影響を実感すれば、話は別。
あえて病気や菌をまき散らしたい人は殆どいません。
人への病気を移すリスクを再認識するなら、自然と行動に移せます。

人間の脳は他人に尽くしたり奉仕することで喜ぶ一面を持っています。
自分の為では影響がなくても、人の為になるなら行動や結果に影響が出るのは実は非常に自然なことなのです。

トイレの張り紙も以前は『トイレを綺麗に使ってください。』と書いてありました。
しかし現在は『トイレを綺麗に使っていただき、ありがとうございます。』と書いてある場所が多いです。
これは『トイレを綺麗に使っていただき、ありがとうございます。』と書いてあるほうがトイレを綺麗に使う人が増え、掃除のコストが下げられるからです。

綺麗に使うことで相手に感謝されると実感すれば、やはり丁寧に使いたくなるものでしょう。
これも他人への影響を上手に使った良い一例だと思います。

人への影響が自分のパワーに!

相手が嬉しければ、自分も嬉しい。

先程の実験結果は、交渉のテクニックとしても使えますが、自身のやる気を上げる方法としても使えます。
自分が何かするときも『人への影響』を考えると、結果が出やすいからです。

例えば仕事の勉強も『自分の収入があがる。』とただ思うより、『資格を取ることでお客様に良いサービスを提供できる。』と考える方がパフォーマンスは上がります。
勿論、お金の為に頑張ることが悪いと言っているわけではないです。
パフォーマンスを発揮したいとき、他者への貢献を考えるとやる気が出やすいという意味でお考え下さい。

ダイエットもただ自分の為と捉えるより、綺麗になればパートナーや周囲が喜ぶと考えたり『痩せて健康になれば、医療費が安く抑えられて家族が助かる!』と捉えることもできます。
自分一人だけの為なら、いつ辞めても良いですしどこかでやる気が下がります。

しかし相手の為になるなら頑張る動機が出来ますし、その一貫性を保とうとしてやる気を維持しやすいです。
交渉や自身のパフォーマンスを上げたいとき、誰かへの貢献を意識してみてください。

記事のまとめ

①『相手の為』とわかれば、自然と行動が変わる。

②やる気を出したいとき、相手への貢献を意識するのがベスト。

ぜひ、お試しください。

-パフォーマンス, モチベーション, 心理学

© 2021 心理学まとめブログ Powered by AFFINGER5