コミュニケーション 人間関係 心理学

身の回りに良い人を増やす科学的な方法!
模範となることで人間関係が良くなるテクニックについて解説。

こんな人にオススメ

この記事は『人間関係を良くしたい』『コミュニケーションのテクニックを知りたい』人にオススメです。

周りに良い人を増やす方法。

イライラする人と関わるのは避けたい。

あなたの身の回りに、嫌な振る舞いをする人はいませんか?
学校でも会社でも自分と合わない人はいるものですし、相手の態度に苛立ちを覚えることもあります。

尊敬できるような人が身の回りにいるのがベストですが、中々そう思えない態度をとる人も多いのが実情。
そんな嫌な他人の振る舞いですが、科学的に相手の行動を変えさせることは可能なのはご存じでしょうか?

その方法は、あなたが模範となり良い行いをすることです。
何故なら人は科学的に、周囲にいる人と同じ行動をとる傾向があるからです。

ニューヨーク州立大学のデターク氏が行ったこんな実験があります。

人は人のマネをする。

安全手袋の着用に差が。

実験では大学生126人の被験者を対象に、オーブンクリーナーに関する調査に協力してもらいます。
まず被験者より先に、サクラの学生にクリーナーを使ってもらい、わざと違った行動をとってもらいます。

①サクラが安全手袋を使って作業するパターン。
・②サクラが安全手袋をつけず、いきなりオーブンに触るパターン。

実験の結果②『サクラが安全手袋をつけないパターン』では、被験者の36.4%しか安全手袋を使わなかったのに対し『サクラが安全手袋を使うパターン』では、サクラを見習い97.5%の被験者が安全手袋を使いました。

つまり人間の行いは人にマネをされる傾向があるとわかったのです。
先に安全手袋の使用を見せただけで60%以上の差があることを見ると、驚異的な結果と言えますね。

良い行いも悪い行いも、周り次第。

綺麗なら綺麗に使う。

人間は悪い行いだとしても『周りの人がやっているから』という理由で自己正当化します。
しかし良い行いも誰かがやれば、周りの人は影響を受けます。

ポイ捨ても一人でもやれば地域にゴミが増えると言いますが、逆にゴミ箱に捨てる人を目撃すると減る傾向があります。
社会心理学者のチャルディーニ氏が駐車場で行ったポイ捨てに関する実験では、通常では33%の人がポイ捨てをしたのに対して、誰かがゴミ箱に捨てているのを目撃した場合、ポイ捨てをする人は17%に減りました。

つまり模範になる人を見れば、悪い行いも減ってしまうのです。
そのため自分が模範となる意識は大事で、それは周囲の人に無意識に良い影響を与えます。

コミュニケーションも同じです。
誰だって相手に親切に接してもらえれば、こちらも丁寧にコミュニケーションを取ろうとします。
逆に相手が横柄なら、親切な態度で返すことは難しくなります
もし身の回りの人間関係を良くしたい場合、自分が親切になり尊敬される行いをする姿勢は非常に大切と言えますね。

敬意を持てる人と仲良くする。

笑顔の多い人に笑顔は集まる。

この記事の最後に注意してほしいことが一つあります。
ここまで人は人の影響を受けやすいということを説明しました。
それはつまりあなたの身の回りに模範にすべきではない人間がいる場合、あなたはその人の影響を受けている可能性も高いということです。

横暴に振る舞う人が近くにいれば、自分も横暴な態度になりやすく、威圧的な人が近くにいれば自分も威圧的な行動を取ってしまいます。
悪影響を受けないためには仕事や友人関係で、自分が敬意を持てる人と親密になるのが一番。
付き合いを切れない相手とは一定のラインを引き、距離感を縮めないことが賢明です。

自分が模範となる意識を持ち、模範にならない人間とは距離を置くのが人間関係で大切な心得。
また良い人間関係を築ければ科学的に幸福度が上がると言われています。
ぜひこのことを役立ててみてください。

記事のまとめ

①人は人から影響で、良い行いも悪い行いもする。
②自分が模範になれば、周囲の人の行動も変わる。

ぜひご活用ください。

-コミュニケーション, 人間関係, 心理学
-

© 2021 心理学まとめブログ Powered by AFFINGER5