パフォーマンス モチベーション 心理学

これをするだけで目標達成率が2倍以上になる!?
科学的に行動力が身につく方法について解説~

こんな人にオススメ

この記事は『目標達成したい』『モチベーションを保ちたい』人にオススメです。

目標を達成できる科学的な方法。

休日ダラダラしない方法。

皆さん、せっかく立てた目標も途中で諦めてしまった…なんて悩みはありませんか?
痩せたい、資格を取りたい、趣味をちゃんとやりたい等の悩みは多くの人が抱えています。
しかしダイエットや勉強等に関して、私たちは簡単に目標達成が出来ません。

継続して物事を行うことは、困難なことだと言ってもいいでしょう。
モチベーションが保てず行動できない自分に嫌気がさす…なんて経験がある人は珍しくありません。

しかし目標達成できない原因は、やる気ではなく計画の立て方が不十分だったからかもしれません。
人は具体的な計画を立てるだけで、目標達成率が2倍以上増すというデータがあります。

目標達成に関して社会心理学者、ペーター・ゴルヴィツァー氏が行ったこんな実験があります。

計画を立てるだけで2倍以上の差が出る!?

計画があれば人は行動する。

実験ではクリスマス休暇前に学生にお願いをして、『現代人の休暇の過ごし方』についての調査に協力してもらいました。
了承した学生にはエッセイを書くようお願いをし、グループ毎によって頼み方を変えました。

①帰省先で書くようお願いをしたグループ。
②エッセイを書く予定の時間と場所を決めてもらったグループ。

つまり①ただ書くことをお願いしたグループと、②具体的な計画を立てたグループで目標達成の差を見る実験です。
数日後届いたエッセイの割合を調べると、①帰省先で書くようお願いをしたグループは32%だったのに対し、②具体的な計画を立てたグループは71%の人がエッセイを送ってきました。

つまり計画を立てただけで、目標達成に2倍以上の差が出てしまいました
この実験からわかるとおり、人は簡単な計画を立てるだけで、目標を達成しやすくなるのです。

大事なのは意志力より計画力。

具体的なプランはゴールに近づく。

私たちは目標に対し『気合いでなんとかしよう!』と考えてしまいがちです。
確かに勢いや情熱は大事ですし、それで目標がクリアできることもあります。
しかし基本的に意志力というものは弱く、人の決心は非常に脆いものです。

一度決めたことをやるのが簡単なら、テストは誰しも高得点を取れダイエットは失敗することなく成功します。
ですが、現実は違います。
ただ思いつきでやろうと思ったことは完遂出来ず、頓挫してしまうことは珍しくありません。

目標を達成したいなら具体的な計画や計画を立てることが必要です。
例えば休日に家の用事を済ませようと思っていたが、ダラダラ過ごして気が付いたら夕方になっていた…なんて経験はありませんか?
現代社会は誘惑は多く、なんとなくの計画は簡単に頓挫します。
やることがあるなら『朝の9時に部屋の掃除をして、10時に役所に行って、お昼ご飯は近くのイタリアンで過ごす。』と具体的な計画を立てることがオススメす。

先程の実験のように、『やる時間』と『やる場所』をより明確に決めるのも効果的でしょう。
『9時に勉強をする』ではなく『9時に自宅で勉強をする』『9時に図書館で勉強をする』といった具合に明確なほうが目標を達成する確率はあがります。
『なんとなく』や『気が向いたら』に頼らず、しっかりとした行動を決めることがゴールに一番近づけます。
このことを意識し、目標達成に役立ててください。

記事のまとめ

①計画を立てるだけで目標達成率が2倍以上増加する。
②時間と場所を具体的に決め計画を立てる。

ぜひご活用ください。

-パフォーマンス, モチベーション, 心理学
-

© 2021 心理学まとめブログ Powered by AFFINGER5