パフォーマンス ビジネス ポジティブ モチベーション 勉強法 心理学 脳科学

スキルアップや勉強に効果的!
楽しく学習できる科学的な方法について解説。

こんな人にオススメ

この記事は『スキルアップしたい』『モチベーションを高めたい』人にオススメです。

新しいことを取り入れるべき科学的な理由。

非常に効果的。

皆さん勉強や何かの練習で、『新しい方法』を取り入れていますか?
日本人はどちらかというと保守的な考えを持つ人が多いので、『やり方を変える』ということが苦手な人も多いでしょう。
ビジネスや教育の場でも同じやり方、同じ手段に拘る人のほうが多い印象です。

しかし新しい手段を探したほうが得をするかもしれません。
科学的にも新しい方法を取り入れれば独創性が生まれ、尚且つ自分も楽しめると言われています。

ハーバード大学、エレン・ランガー氏が行ったこんな実験があります。

楽しさが生まれ独創性が発揮される。

自分が楽しめる。

この実験ではピアノの無料レッスンを行うと宣伝し、集まった被験者を2つのグループに分けました。
分け方は以下の通りです。

・①従来の練習法を、繰り返し行うグループ。
・②繰り返しの練習はなるべくせず、こまめに演奏スタイルに変化させたり、その時『自分が感じたこと』を重視させるグループ。

つまり『①同じ練習をするグループ』と『②違う練習を積極的に取り入れるグループ』の二つにわけたのです。

そして音楽院生の大学生に演奏の評価してもらったところ、『②違う練習をするグループ』のほうが、独創性があると判断されました。
また②グループのほうが、レッスンが面白いと思う傾向があるとわかりました

つまり独創性を発揮し自分が楽しむには、様々な方法試しチャレンジする姿勢がとても大事だということです。

楽しい気持ちが能力を伸ばす!

気持ちの重要性。

『自分が楽しめる』という動機は非常に大切で、モチベーションを保つのには欠かせません。
実際、様々な実験で『楽しい』という気持ちから沸き起こるモチベーションは非常に強く、お金や周囲の評価よりも人間をやる気にさせると報告されています。

また、練習を楽しめる人のほうがスキルアップもしやすいと言われています。
TVゲームを『つまらない』と思っている人と『楽しい』と思っている人では、楽しいと思っている人のほうがTVゲームが上手くなることは簡単に想像できるでしょう。

自分の能力を高めたいとき、最終的にもっとも重要となるのはモチベーションです。
どんなに才能があっても、本人にやる気がなければ意味はありません。
そのため楽しさを重視する練習法は、効果を発揮しやすいと言えます。

新しい刺激は脳にも良い。

環境を変えることも有効。

私たちは同じ方法に拘り、同じ手段で課題に取り組もうとします。
しかしどこかで変化を取り入れ、今までとは違う刺激を受けることは、脳にも良いのです。

人間の脳は『順化』と言い、同じ刺激には慣れてしまい、楽しめなくなる傾向があります。
例えば自分が好きな映画でも、何回も見ていれば多少は飽きてしまいます。
少なくとも、最初と全く同じような感動は味わえません。

人間の楽しみや幸せはどうしても慣れてしまうため、どこかで変わった刺激を取り入れることは有益です。

今までと違うやり方をするのは、怖いという気持ちがあるかもしれません。
しかし、以前のやり方のほうが良かったのなら、元に戻せばいいだけです。
ぜひ新しい刺激を取り入れ、スキルアップに役立ててください。

記事のまとめ

①練習に変化を取り入れれば独創性が生まれ楽しくなる。
②脳は同じ刺激に慣れるため、積極的に様々なことを試す。

-パフォーマンス, ビジネス, ポジティブ, モチベーション, 勉強法, 心理学, 脳科学
-,

© 2021 心理学まとめブログ Powered by AFFINGER5